[HTML]

学童集団疎開資料室

学童集団疎開資料室のご案内

学童集団疎開資料室江東区では、太平洋戦争による空襲の被害を避けるために山形県・新潟県の各地に集団疎開した子どもたちの様子を物語る資料を展示する「学童集団疎開資料室」を平成12年8月に区立第四砂町小学校内に設置し、展示を行ってきました。
平成21年8月からは江東図書館内に移転し、疎開当時の文書、生活用品、手紙、写真等を展示・公開しています。
※展示・公開日時は、江東図書館の開館日および開館時間に同じです。

展示資料の一部をご紹介します。
柳行李
衣類等を入れていた柳行李
布袋
戦争当時使用していた手提袋
飯台
疎開先で使用された飯台
学寮日誌
学寮日誌
絵手紙
疎開学童への父の絵手紙
児童が描いた絵
疎開先で学童が描いた絵
 

江東区学童集団疎開の記録『疎開』

江東区の学童集団疎開の概要をまとめた冊子『疎開』を作成し、学童集団疎開資料室や各図書館などで配布しています。

  疎開

こちら(2059KB)からご覧いただけます。
 

映像資料「戦争の語り部」(令和2年度制作)

戦後75年が経過し、戦争を知らない世代が大多数となる中、戦争の悲惨さや平和の大切さを後世に語り継いでいくために、映像資料「戦争の語り部」を制作しました。江東区内で学童集団疎開や東京大空襲を経験された方2名の体験談を収録しています。
下記をクリックすると動画(YouTube)が再生されます。(34分15秒)



この映像資料は、江東図書館3階にある学童集団疎開資料室で常時上映しています。
また、江東・深川・豊洲・東陽図書館でのDVDの貸出も行っています。区立図書館ホームページや各図書館のカウンターでご予約いただければ、お近くの図書館に取り寄せて借りることも可能です。
 
かんたん資料検索
タイトル・著者名から
図書・CD等が検索できます。

ログイン