トップページ > TEENSのページ > ヤングアダルトサービスとは

ヤングアダルトサービスとは

ヤングアダルト(YA)とは、14歳から18歳までの利用者を指すアメリカ図書館協会の用語です。
江東区立図書館では、12・13歳から19歳くらいまでの利用者を対象としています。

読書離れ、図書館離れになっている中学生・高校生に対して、試験勉強や宿題をする時の利用だけでなく、もっと図書館を有効に利用してもらうことを目指して、ヤングアダルト・サービスを実施しています。

ヤングアダルト・サービスに関して日本の図書館の先駆的役割を果たした江東図書館を始め、特別にコーナーを設けている館と、一般書と一緒にヤングアダルト向けの本や雑誌を収集している館があります。

さらに、コーナーを設けている館のなかには、利用者相互の交流を図るため、情報交換ノートを置いたり、交流会やイラスト展などを行っている館もあります。

※くわしくは各図書館連絡先にお問い合わせください。